HYBRID THEME

neutral(ニュートラル)

何処にも属さない”中性的なもの”をテーマにデザインしたWordPressテーマです。
ガラスをイメージした半透明の縁取りが背景画像を透過する事によって、近未来的な印象を生み出します。

HYBRID THEMEへ移動する

データーベースを定期的にバックアップするWordPressプラグインWP-DB-Backup

WordPressのすべてのデータを定期的にバックアップしてくれるプラグイン「WP-DB-Backup」をご紹介します。

WordPressはMySQLと呼ばれるデータベースを利用していますが、
サーバーに置いてあるMySQLのデーターが消える可能性はセロではありません。

定期的にデータベースのバックアップをとった方が安全なのは言うまでもありませんが、
初期状態のWordPressにはデータベースのデータを丸ごとバックアップする機能がありません。

ツールにエクスポート機能はありますが、これだけでは設定やコメントなど
すべてのデータを完全に保存することができません。

「WP-DB-Backup」プラグインを利用すれば、定期的にデータベースのデータを丸ごと保存してくれますので、
ぜひ、お試しください。

はじめに、このプラグインには2つのバックアップ方法が用意されています。

  1. 圧縮したバックアップデータを指定した時間に指定したメールアドレスに送信する方法
  2. 圧縮したバックアップデータをサーバーのbackup-dbフォルダに保存する方法

定期的にメールが送られてくるのが煩わしいと感じる方は、以下に説明する設定画面にて、
メールアドレス設定項目を空欄にしてください。

それでは、設定方法を解説します。
プラグインを有効化すると赤色の太文字で「Your backup folder MIGHT be visible to the public」が表示されるケースがあります。

これは、「backup-dbフォルダが外部の人にもアクセスされる可能性があります」という警告メッセージですので、
以下のコードを記述した.htaccessファイルを../wp-content/backup-db/フォルダにアップロードしてください。

order allow,deny
deny from all

次に、左メニューより「Database」→「DB Options」とお進みください。

色々英語で表示されていますが、
中央にある「Automatic Scheduling」項目を探してください。
「Next backup date」から定期バックアップの期間を設定してください。
(初期設定では、1週間に1度バックアップされます)

次に、バックアップするファイルが圧縮ファイルになるように、
Gzipを「Yes」に変更してください。

最後に、バックアップしたデータをメール送信したく無い場合は、
メールアドレス欄を空欄にしてください。

すべての設定が完了しましたら画面の下にある「Save Changes」ボタンをクリックして設定を保存すればOKです。

ちなみに、このプラグインには、
バックアップ機能以外にも定期的にデータベースを修復・最適化する機能もついていますので
興味のある方はお試しくださいませ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事